【タテヨコ倍数と周長補正率】

【単体形状】_周長補正率=(タテヨコ倍数×2+2)/(4×√(タテヨコ倍数))
【複合形状】_周長補正率=(タテヨコ倍数×1.05×2+2)/(4×√(タテヨコ倍数×1.05))・・{倍数補正+5%}

  1. タテヨコ倍数とは、縦・横の長さ比。
  2. 周長補正率とは、長方形周長の同面積正方形周長に対する割増率。(タテヨコ倍数により変動)
  3. 複合形状とは、タテヨコ倍数の違う形状が複数組み合わさった形状。(廊下+ホール)
  4. 複合形状でのタテヨコ倍数は、形状別の倍数の合計となる。下図参照
  5. 一般的な室形状のタテヨコ倍数は、3倍迄であり、周長補正率は15%以内になる。
  6. 柱型等、面積に影響しない凸凹は無視する。

下図(1)(単体形状・タテヨコ倍数2倍・面積8u・周長12)の計算例
周長補正率=(2倍×2+2)/(4×√(2倍))≒1.061
周長=4×√(8u)×1.061≒12.0



上図サンプルの計算結果