V2.1 H29.8(H14.7〜)
●『見積管理』とは、積算業務全般を管理すること。 つまり、

「スケジュール管理、 業者選定と見積手配、 原価の整理や社内手続き、 提出書類作成、・・・・・」 など、
これら業務の良し悪しは、見積管理の仕組みに大きく左右されると言っても過言ではありません。 
また、 見積の中には、多くの重要な『情報』が蓄積され、 この効率的な活用が企業としての実力につながります。

『見積管理』の役割。
1
物件概要の整理 と 見積工程管理。  ・ 工事概要, 見積概要
2
見積依頼業者の計画と管理、 原価整理。  ・ 依頼先選定表, 査定率表
3
工事原価全体の整理。  ・ 総括表, 類似物件比較表
4
積算情報、 見積情報の蓄積とデータ活用。  ・ 施主情報, 設計情報, 競合情報, 多種多様な概算データ。
5
評価、生産性管理  ・ 見積実績集計 (総件数, 総金額, 受注件数, 受注金額, 利益状況)
※ 説明目次
1
工事概要
  A 工事概要一覧  (新規登録, 当初登録情報)
  B 見積詳細情報  (工事共通事項, 見積概要, 工事範囲・お見積条件, 総括表, 概算データ)
2
見積状況  (進行中物件, 保留物件)
3
見積集計  (提出物件,  受注物件)
4
物件検索と、物件比較表  (検索条件, 標準工事の坪単価・基本数単価)
5
見積先選定表の作成  (見積依頼計画, 引継書)
6
業者査定率の記録確認  (科目別一覧, 業者別平均値と標準偏差)
7
マスター登録・修正
8
ツールバーの説明
9
運用形態とファイル保管。
10
既データ活用について  (エクセルデータの取り込み)
11
カスタマイズについて  (自社仕様への部分改良)
1. 工事概要

 A 工事概要一覧表



1
[新規登録]をクリック。   必須3項目がなければ登録できません。
2
初期登録情報を入力。 
官民, 設計, 事業名, 都道府県, 部門・部署名, 営業担当
            ※ 官民: 官は公共工事、 準は公共に倣う民間入札物件、 未選択は民間。
            ※ 設計: 設計施工の区別。   ※ 事業名: 依頼先の区別が必要な場合に設定。
その他項目は、見積進捗に伴い蓄積されていきます。 ( 建物用途, 決定金額, 延床u, 発注者, 設計事務所, 予算・競合,, )
3
ツールバー: 検索・昇降順・フィルタを活用し 物件検索。 (以下共通事項) → 8.ツールバーの説明参照
4
工事概要の印刷: 印刷期を選択し、 をクリック。
5
物件を選択し、 [見積概要]をクリック。 ⇒ B 見積詳細情報
 B 見積詳細情報



1
工事共通事項(上部)を入力。  ・・・・・ 見積時期により、4つに分類
 1-登録時・・・・・ ( 見積区分, 建物用途(1)(2), 発注者,設計事務所, 競合・備考,工事概要, 支払条件, 質疑情報 )
 2-提出時・・・・・ ( 最終面積, 最終NET, 最終▲人件, 最終提出, 予定価格
 3-決定時・・・・・ ( 受失注, 決定日, 決定金額, 失注金額, 結果状況, 図面
 4-受注後・・・・・ ( 契約日, 完工予定, 請負金額, 実行予算, 精算金額
      ※ 見積区分: 新増築,改修,改修+増築,その他    ※ 予定価格: 公共工事公表金額。
      ※ 図面   : □内にリンク先を入力。・・・・・ たとえば、C:\Users\小笠原\Documents\○△□新築工事【図面】.pdf
      ※ 最終▲人件: 人件費を除く合計金額。
      ※ 受失注: ◎:受注,×:失注を選択。(−:継続,?:保留,△:処理済み)・・・ 物件としての受失結果

2
見積概要(下部)を入力。 ・・・ 上図参考例ではVE変更等の整理に活用、 他、複数回の見積、または複数棟等に活用。
登録No(赤枠)必須を設定 (スクロールボタン1〜99により順番に設定),
          5段目数字枠,下図の数字267901は、工事範囲・お客様条件NO、たとえば見積NO267902だが、01を利用したい場合に修正する。 
 1-登録時・・・・・ ( 受付日,提出日, NET,コスト, 質疑, 設計担当,見積担当, 見積名(必須), 見積区分, 基本数
            ( 工事場所, 工期, 敷地面積, 建築面積, 法床面積, 対象面積, 構造・階数・地下 )
 2-終了時・・・・・ ( 見積状況,(競合・備考) , NET金額, ▲人金額, 提出金額 )
 3-提出後・・・・・ ( 状態, 集計
      ※ NET  : 部署内原価検討日   ※ コスト: 提出前最終検討日   ※ 設計担当: 他社(設計事務所)あるいは社内担当者
      ※ 見積名見積内容による区別。 たとえば、2回目、VE検討、当初予算検討など
      ※ 見積区分: 大概算,中精概算,見積,変更追加,実行予算,実行精算,その他 より選択。(マスター修正可)
      ※ 基本数 :たとえば戸数、ベット数、室数、台数・・・・・。   ※ 対象面積: 改修面積、法床面積の未記入可。
      ※ 構造  :RC・WRC・SRC・S・木・他 より選択。     ※ 集計×により、「見積集計」の件数・金額に加算しない。
      ※ 状態  :◎:受注,×:失注,−:継続,?:保留,△:処理済み・・・ 見積としての受失結果、状況認識

3
総括表の作成。
 ・ 見積名を選択、 [総括表(工種)]or[総括表(部位)]or[総括表(複数棟)] をクリック。
     ・ 工種別 ・・・・ 組積,防水,石,タイル,木,屋根,金属,左官・・・・
     ・ 部位別 ・・・・ 屋根,外壁,外部その他,外部建具,内部床,内部壁,内部天井・・・・
     ・ 複数棟 ・・・・ 共通項目(共通仮設・外構・現場経費,他)+棟別項目<3棟>(建築・設備)⇒ 工種別全体総括

 ・ 工事詳細情報(下図)を入力。 ( 主要仕上・備考, 杭工法・長, 施工面積範囲, 鉄骨掛面積, 躯体歩掛り(Con・型枠・鉄筋・鉄骨)
 ・ 金額を入力。
      ※ [金額A]検討後NET、 [金額B]協力業者の希望NET。  ※ 上部枠に金額名を入力。(略可)
         備考枠計の%は、A/Bの率を表示。
         他物件との金額比較をする場合、 [金額B]に対象物件の金額、B[面積]m2、[基本数]基を入力。
      ※ ライトブルー枠は、標準外工事を入力。
          1.金額差異の大きい特殊工事 ・・・・・ 業務用厨房機器, 避難器具, モニュメント, 他
          2.場所条件差が大きい工事 ・・・・・・・ 山止, 地業, ガス, 浄化槽, 造成, 外構, 解体, 他
      ※ 「現場経費」は、人件費+その他経費。 人件費を別に入力、△人件費を除く原価を表示。
      ※ F,G項目は、設計費・積算費・一般管理費等を選択。
      ※ 他参照をクリック、他物件金額を参照。
 ・ 見積協力業者(右枠)の 会社名・見積金額・希望NET()を入力、 想定NET・目標NET・採用業者を決定。
      ※ []は、○:採用,◎:お客様指定,●:設計指定,△:お客様推薦,▲:設計推薦,□:お客様推薦採用,■:設計推薦採用より選択。 
      ※ 分類・備考,業者名を記入または過去入力スクロールより選択。 
      ※ 設備工事・金建工事の詳細比較検討。 (分類別,会社別昇降順を活用) 
      ※ 右上部[目標]横の空白は、番号選択により他見積の査定一覧を転用表示、再入力を簡略化、修正を共有する。
      ※ 全金額入力後、最下枠にNET金額・原価△人件を転記。 (見積概要に表示)
      ※ [科目修正印刷]は、備考枠に入力した場所名・部位名等を科目名とした印刷。

4
工事範囲・お見積条件の入力。  ※ 提出内訳に添付。 黄枠は総括表(印刷)に表示。


5
概算データの入力。(仕上げ,躯体,設備)  ※ 積算結果を元に、歩掛り詳細データを蓄積する。 → [概算データ][設備データ
2. 見積状況                       目次・メニューへ
1
進行中物件のスケジュール管理。
  ※ 1週月曜日の日付を入力する。  表示は3週分、印刷では4週範囲
  ※ 物件選択+[詳細]クリック →[見積概要]に移動 内容確認,結果記録等を行う。
  ※ 受失注の確認。・・・・・『受失注』(上部),『状態』(下部)の両方が×)→ 下段決定物件リストに移動, 管理期間を過ぎると表示されなくなる。
              ・・・・・『状態』を→ 保留物件一覧に移動。
              ・・・・・『状態』を処理済→ 管理期間を過ぎると未決のまま管理物件から除外。             C:コスト検討日,N:ネット検討日,※:決定日
2
保留物件一覧  ・・・状況確認と結果調査。 (状態=?)
3. 見積集計   ・・・必要集計期間を設定。       目次・メニューへ
1
提出物件の一覧と集計 (提出日集計)
2
受注物件の一覧と集計 (決定日集計提出日物件)
4. 物件検索と、類似物件比較表の作成       目次・メニューへ 
 
1
検索条件 ( 期間, 設計, 建物用途, 区分1(見積・概算・・・), 区分2(新築・改修・・), 構造, 面積範囲, 階数範囲 )
を設定し、[再検索]をクリック。
        ※ 建物用途: 大区分範囲から部分用途(中区分)を除き、絞り込み
        ※ ツールバーのフィルタ昇降順を活用検索。
        ※ 複数棟は、物件検索非表示 → 工種別転記により対象になります。
 
標準工事の坪単価基本数単価平均標準偏差を表示。
 
物件を選択し、[見積概要]をクリック → 詳細確認


2
[比較表作成](上図)をクリック。→ 検索物件の中から 6物件を選択。
5. 見積先選定表の作成。                  目次・メニューへ
1
物件(緑左枠)を選択、 電話帳科目(緑右枠)を選択。
2
上段電話帳より、下段選定枠に複写。 (上段:行▲を選択、右クリック→コピー、下段:最下追加行を選択、右クリック→貼付け)
                        (右端にある科目番号選択により、順番設定)
3
エクセル変換 → 現場引継書の作成。
6. 業者査定率の記録確認。
1
科目別一覧。  総括表作成時に入力した差定率データを全表示。 (NET率,差定率平均値の計算)
           ツールバーのフィルタ昇降順を活用。
2
業者別平均値と標準偏差。 (躯体・外構, 仕上げ, 建具, 設備)
7. マスター登録・修正。
  ※ 見積区分1を閉じると全閉。
8. ツールバーの説明。 
 1.虫めがね(検索)][フィルタの対象]    ・・・・ 対象枠を選択、 [検索]は文字入力。 [フィルタの対象]は条件式を入力。(>0等)
 2.[昇順][降順][フィルタ][除外フィルタ] ・・・・ 対象枠(文字)を選択、 クリック。  ⇒ [フィルタ解除]で復帰。
 3.電話マーク: 科目別電話帳、 「電話帳」: 全表示(県順)
 4.見積先選定: 電話帳より新規作成。
 5.見積先複写: 実績表より複写し、登録NOを修正。
 6.差定率:    工種リストをスクロールダウン表示。
 7.工事概要参照: 工事概要一覧を直接検索。
 8.列:       データシートでの表示列操作。(工事概要・建築データ・設備データ)
9. 運用形態とファイル保管について
運用形態
ファイル構成
ファイル名
ファイル保管
 1.個人の単独利用  統合ファイル  見積管理.mdb  フォルダ自由 MsAccess正式版 または ランタイム版
 2.ネットワーク共有(1)  統合ファイル  見積管理.mdb  共有フォルダ MsAccess正式版 または ランタイム版
 3.ネットワーク共有(2)  操作ファイル 
 データファイル
 見積管理N.mdb
 見積管理Nデータ.mdb
 フォルダ自由
 共有フォルダ  
MsAccess正式版

※ 3.ネットワーク共有(2) を推奨: ファイル容量大,データ保護,操作ファイルのアップグレード対応、 但しリンク設定が必要

10. 既データ活用について
 ※ エクセルデータの取込み。
   たとえば、電話帳一覧があった場合、 以下の項目にあわせて修正します。(テーブルシート項目・順番にあわす)
   「主要,工種NO,工種,内容,会社名,部署,担当者,電話番号,FAX 番号,mail,郵便番号,No,県,所在地備考・紹介者」
   改良データを一括してアクセスのテーブルシートに貼り付けます。
 ※ アクセスのテーブルシートの表示は、 9.ファイル保管場所について・・・3.ネットワーク共有(1)(2)を参照。
11. カスタマイズについて
 ※ 項目名等の軽微な修正に対応します。(無料)
 ※ 帳票の改良、システム改良等、 大きな修正については基本的に対応不可。
   (内容にもよりますが、別途費用としてソフト代金以上が必要。 要相談)
【以 上】      目次・メニューへ