基礎外構拾い
 ● たとえば、 屋上機械基礎や外構排水溝など、 定型的だが、多数の断面に対応しなければならない構造物、 この煩雑作業を軽減するために開発。

 ● 取上げた構造物は、 次の2つの分野に整理できます。
1
設備関連の基礎、構造物
2
外構工事の塀基礎、擁壁、排水設備、工作物用基礎
 ● シート構成  (説明目次)
  シート名   内  容
 1機械基礎  室内基礎, 屋上基礎, ハト小屋, 外構機械基礎
 2布基礎・排水  布基礎, 排水溝, 重力擁壁
 3ピット・雑基礎  ピット(桝), 独立基礎, 受水槽基礎
 4土間・階段  コンクリート舗装, 外構階段
 5他(1)  補助拾い汎用シート
 6躯体集計  上階計, 外構計
 7機械基礎内訳  室内, 屋上, ハト小屋, 外構
 8外構数量拾い  舗装関連, 植栽関連
 9外構明細  外構数量拾い, 各シート外構項目
 10基礎明細7シート  布基礎, 排水溝, 重力擁壁, ピット・受水槽基礎, 独立基礎, コン舗装, 外構階段

 1. 機械基礎  下図参照(一部省略)

1 右側単価枠共通単価を設定。
2 室内機械基礎は、断面XYHおよび単価を設定。
3 その他基礎は、A〜各断面寸法、 配筋を設定。 ・・・・・(以下共通)
4 金額は1ヶ所当りを示す。 ヶ所入力は、躯体集計と明細金額にて合計。
5 屋上機械基礎@〜G, ハト小屋@〜C, 外構機械基礎@〜G
6 残土処分,コンクリート,型枠は、単価の選択可 → 右端青枠。 ・・・・・(以下共通)
7 単価枠赤字は、個別単価。             ・・・・・(以下共通)
8 金額黄枠は、個別修正可能。           ・・・・・(以下共通)
9 [右][下]ボタンにより、セル移動方向を変更。  ・・・・・(以下共通)

 2. 布基礎・排水

1 敷地境界等、GLが基礎の左右で異なる場合は、GLラインの適宜判断が必要。 (≠精数量)
2 長さ(計算式)入力により、合計金額を表示。(m単価も参考表示)  [定着][継手]はヶ所を入力。
3 布基礎@〜G, 排水溝@〜G, 重力擁壁@〜C


 3. ピット・雑基礎   ピット[床t]の入力により、床算定。→ 消火水槽等



 4. 土間・階段   コンクリート舗装は、面積と止型枠の計算式を入力。→ 自転車置場等

 5. 他(1)
1
定型外の構造物を補足拾いするための汎用シート。
2
躯体集計には、必要に応じ手集計。
 6. 躯体集計  (数量総集計)
1
青枠は算定外を必要に応じ入力。



 7. 機械基礎内訳   機械基礎のみの集計内訳。
 8. 外構数量拾い   一般外構数量拾い。 (舗装、ライン、花壇植栽、他)
 9. 外構明細      一般外構と外構基礎を、外構工事としてまとめる。
 10. 基礎明細     構造物ごとの詳細内訳。

    【以 上】   目次へ