基礎工事拾い
 ● 基礎伏配置によって、 コンクリート、型枠だけでなく、 根切や残土を同時に算定する。

 ● 対象数量。
1
コンクリート、型枠、(土間コン)
2
根切り、残土、盛土、基礎地業、土間地業、捨コン、(防湿シート、断熱材)
 ● シート構成  (説明目次)
  シート名   内  容
 1断面  基礎, 柱, 大梁・小梁, 土間・ピット, 地業
 2配置・集計  軸設定(通りとスパン), 基礎,梁,土間の配置。 同時集計。
 3芯調整  基礎,梁の寄り寸法入力
 4柱配置  柱配置と寄り寸法
 5個別拾い  個別配置根切り, コンクリート,型枠, 残土,盛土, 地業,捨コン
 6各種数量表  根切計測,土間計測,根切, 梁長,基礎当,梁交差,躯体, 土間,地業

 1. 断面  (詳細説明 下図参照)

1 「GH」は、地業を除く深さ。
2 基礎「G−」は基礎天端の深さ = 柱の下位置「G−」
3 土間底の高さがGLより上では −値入力。 これに地業t を加算しであれば根切であれば盛土となる。
4 根切りのみ算定の場合は、 柱リスト不要。

 2. 配置・集計

1 まず、通り芯スパンを設定。  X計、Y計で合計スパンを確認。
2 配置はスクロールより選択、 配置しながら即座に計算、数量確認。
3 X20×Y10、 軸数が不足する場合、 最上軸・最右軸をダミーとし、別ファイルにてダミー軸より継続入力。 (ダミー軸上の部材は数量加算なし)
4 基準高調整±は、GLの上げ下げによって根切と残土を瞬時に算定。 現状高さの変更 や、GL最適値の検討。
5 下表の参考断面リストから、コピー値貼付けによって簡単入力。
6 [上][下][右]はセル移動方向の変更。


 3. 芯調整  
1 基本配置は部材のセンター。 X・Y方向への「寄り値」を入力。 右・上が左・下が
2 土間根切りは、基礎と梁面積を正確に控除して算定。 梁芯調整は土間根切りに影響する。


 4. 柱配置 と寄り
1 梁交差(柱無し)の梁芯ズレは、 他方向梁の長さに影響するため、寄り寸法にて調整。
2 梁部、土間部は参考表示。(修正不可)


 5. 個別拾い  (配置拾いに加算)
1
根切り  配置外(付属棟や斜め軸)を算定。  梁A、土間ACによって斜寸法、斜面積を算定。

2
コンクリート, 型枠, 残土, 盛土, 基礎地業, 土間地業, 捨コン の算定。  計算式と該当枠に値入力。

 6. 配置数量表
1 「根切計測」  部材毎の根切寸法表。
2 「土間計測」  面積計算表。(スパン面積−基礎−梁)
3 「根切」  部材毎の根切面積、体積計算と集計。

4 「梁長」  躯体梁長, 地業梁長の計測。
5 「基礎当」  基礎と梁との重なり計測。
6 「梁交差」  梁のみ(柱無し)交差部の コンクリート,型枠,残土を計算。
7 「躯体」  各計測表より コンクリート,型枠,残土を計算集計。


8 「土間」   盛土の計算集計。 土間面積,柱梁面積を参考に、土間コン、防湿シート等を算出。 (セル式入力:”=セル選択+セル選択+・・・”)
9 「地業」   基礎,梁,土間別に地業面積・体積を計算集計。


    【以 上】   目次へ